古今和歌集556番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集556番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集556番について

歌番号556
詞書しもついつもてらに人のわさしける日、真せい法しのたうしにていへりける事を歌によみてをののこまちかもとにつかはしける
作者|歌人あへのきよゆきの朝臣
和歌つつめとも袖にたまらぬ白玉は人を見ぬめの涙なりけり
読み仮名
ふりがな
つつめとも-そてにたまらぬ-しらたまは-ひとをみぬめの-なみたなりけり
分割つつめとも
そてにたまらぬ
しらたまは
ひとをみぬめの
なみたなりけり
ローマ字読み
大文字
TSUTSUMETOMO-SOTENITAMARANU-SHIRATAMAHA-HITOMINUMENO-NAMITANARIKERI
ローマ字読み
小文字
tsutsumetomo-sotenitamaranu-shiratamaha-hitominumeno-namitanarikeri
巻数巻十二巻|恋二
タイトルとURLをコピーしました