古今和歌集662番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集662番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集662番について

歌番号662
詞書題しらす
作者|歌人みつね
和歌冬の池にすむにほ鳥のつれもなくそこにかよふと人にしらすな
読み仮名
ふりがな
ふゆのいけに-すむにほとりの-つれもなく-そこにかよふと-ひとにしらすな
分割ふゆのいけに
すむにほとりの
つれもなく
そこにかよふと
ひとにしらすな
ローマ字読み
大文字
FUYUNOIKENI-SUMUNIHOTORINO-TSUREMONAKU-SOKONIKAYOFUTO-HITONISHIRASUNA
ローマ字読み
小文字
fuyunoikeni-sumunihotorino-tsuremonaku-sokonikayofuto-hitonishirasuna
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました