古今和歌集636番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集636番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集636番について

歌番号636
詞書題しらす
作者|歌人凡河内みつね
和歌なかしとも思ひそはてぬ昔より逢ふ人からの秋のよなれは
読み仮名
ふりがな
なかしとも-おもひそはてぬ-むかしより-あふひとからの-あきのよなれは
分割なかしとも
おもひそはてぬ
むかしより
あふひとからの
あきのよなれは
ローマ字読み
大文字
NAKASHITOMO-OMOHISOHATENU-MUKASHIYORI-AFUHITOKARANO-AKINOYONAREHA
ローマ字読み
小文字
nakashitomo-omohisohatenu-mukashiyori-afuhitokarano-akinoyonareha
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました