古今和歌集80番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集80番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集80番について

歌番号80
詞書心地そこなひてわつらひける時に、風にあたらしとておろしこめてのみ侍りけるあひたに、をれるさくらのちりかたになれりけるを見てよめる
作者|歌人藤原よるかの朝臣
和歌たれこめて春のゆくへもしらぬまにまちし桜もうつろひにけり
読み仮名
ふりがな
たれこめて-はるのゆくへも-しらぬまに-まちしさくらも-うつろひにけり
分割たれこめて
はるのゆくへも
しらぬまに
まちしさくらも
うつろひにけり
ローマ字読み
大文字
TAREKOMETE-HARUNOYUKUHEMO-SHIRANUMANI-MACHISHISAKURAMO-UTSUROHINIKERI
ローマ字読み
小文字
tarekomete-harunoyukuhemo-shiranumani-machishisakuramo-utsurohinikeri
巻数巻二巻|春下
タイトルとURLをコピーしました