古今和歌集124番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集124番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集124番について

歌番号124
詞書よしの河のほとりに山ふきのさけりけるをよめる
作者|歌人つらゆき
和歌吉野河岸の山吹ふくかせにそこの影さへうつろひにけり
読み仮名
ふりがな
よしのかは-きしのやまふき-ふくかせに-そこのかけさへ-うつろひにけり
分割よしのかは
きしのやまふき
ふくかせに
そこのかけさへ
うつろひにけり
ローマ字読み
大文字
YOSHINOKAHA-KISHINOYAMAFUKI-FUKUKASENI-SOKONOKAKESAHE-UTSUROHINIKERI
ローマ字読み
小文字
yoshinokaha-kishinoyamafuki-fukukaseni-sokonokakesahe-utsurohinikeri
巻数巻二巻|春下
タイトルとURLをコピーしました