古今和歌集857番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集857番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集857番について

歌番号857
詞書式部卿のみこ閑院の五のみこにすみわたりけるを、いくはくもあらて女みこの身まかりにける時に、かのみこすみける帳のかたひらのひもにふみをゆひつけたりけるをとりて見れは、むかしのてにて、このうたをなむかきつけたりける
作者|歌人閑院の五のみこ
和歌かすかすに我をわすれぬものならは山の霞をあはれとは見よ
読み仮名
ふりがな
かすかすに-われをわすれぬ-ものならは-やまのかすみを-あはれとはみよ
分割かすかすに
われをわすれぬ
ものならは
やまのかすみを
あはれとはみよ
ローマ字読み
大文字
KASUKASUNI-WAREOWASURENU-MONONARAHA-YAMANOKASUMIO-AHARETOHAMIYO
ローマ字読み
小文字
kasukasuni-wareowasurenu-mononaraha-yamanokasumio-aharetohamiyo
巻数巻十六巻|哀傷
タイトルとURLをコピーしました