古今和歌集900番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集900番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集900番について

歌番号900
詞書業平朝臣のははのみこ長岡にすみ侍りける時に、なりひら宮つかへすとて時時もえまかりとふらはす侍りけれは、しはすはかりにははのみこのもとより、とみの事とてふみをもてまうてきたり、あけて見れは、ことははなくてありけるうた
作者|歌人業平朝臣のははのみこ
和歌老いぬれはさらぬ別もありといへはいよいよ見まくほしき君かな
読み仮名
ふりがな
おいぬれは-さらぬわかれも-ありといへは-いよいよみまく-ほしききみかな
分割おいぬれは
さらぬわかれも
ありといへは
いよいよみまく
ほしききみかな
ローマ字読み
大文字
OINUREHA-SARANUWAKAREMO-ARITOIHEHA-IYOIYOMIMAKU-HOSHIKIKIMIKANA
ローマ字読み
小文字
oinureha-saranuwakaremo-aritoiheha-iyoiyomimaku-hoshikikimikana
巻数巻十七巻|雑上
タイトルとURLをコピーしました