古今和歌集927番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集927番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集927番について

歌番号927
詞書朱雀院のみかとぬのひきのたき御覧せむとてふん月のなぬかの日おはしましてありける時に、さふらふ人人に歌よませたまひけるによめる
作者|歌人たちはなのなかもり
和歌ぬしなくてさらせるぬのをたなはたにわか心とやけふはかさまし
読み仮名
ふりがな
ぬしなくて-さらせるぬのを-たなはたに-わかこころとや-けふはかさまし
分割ぬしなくて
さらせるぬのを
たなはたに
わかこころとや
けふはかさまし
ローマ字読み
大文字
NUSHINAKUTE-SARASERUNUNO-TANAHATANI-WAKAKOKOROTOYA-KEFUHAKASAMASHI
ローマ字読み
小文字
nushinakute-saraserununo-tanahatani-wakakokorotoya-kefuhakasamashi
巻数巻十七巻|雑上
タイトルとURLをコピーしました