古今和歌集334番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集334番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集334番について

歌番号334
詞書題しらす
この歌は、ある人のいはく、柿本人まろか歌なり
作者|歌人よみ人しらす(一説、柿本人まろ)
和歌梅花それとも見えす久方のあまきる雪のなへてふれれは
読み仮名
ふりがな
うめのはな-それともみえす-ひさかたの-あまきるゆきの-なへてふれれは
分割うめのはな
それともみえす
ひさかたの
あまきるゆきの
なへてふれれは
ローマ字読み
大文字
UMENOHANA-SORETOMOMIESU-HISAKATANO-AMAKIRUYUKINO-NAHETEFUREREHA
ローマ字読み
小文字
umenohana-soretomomiesu-hisakatano-amakiruyukino-nahetefurereha
巻数巻六巻|冬
タイトルとURLをコピーしました