古今和歌集351番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集351番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集351番について

歌番号351
詞書さたやすのみこのきさいの宮の五十の賀たてまつりける御屏風に、さくらの花のちるしたに人の花見たるかたかけるをよめる
作者|歌人ふちはらのおきかせ
和歌いたつらにすくす月日はおもほえて花見てくらす春そすくなき
読み仮名
ふりがな
いたつらに-すくすつきひは-おもほえて-はなみてくらす-はるそすくなき
分割いたつらに
すくすつきひは
おもほえて
はなみてくらす
はるそすくなき
ローマ字読み
大文字
ITATSURANI-SUKUSUTSUKIHIHA-OMOHOETE-HANAMITEKURASU-HARUSOSUKUNAKI
ローマ字読み
小文字
itatsurani-sukusutsukihiha-omohoete-hanamitekurasu-harusosukunaki
巻数巻七巻|賀
タイトルとURLをコピーしました