古今和歌集359番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集359番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集359番について

歌番号359
詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた
作者|歌人そせい法し
和歌めつらしきこゑならなくに郭公ここらの年をあかすもあるかな
読み仮名
ふりがな
めつらしき-こゑならなくに-ほとときす-ここらのとしを-あかすもあるかな
分割めつらしき
こゑならなくに
ほとときす
ここらのとしを
あかすもあるかな
ローマ字読み
大文字
METSURASHIKI-KOENARANAKUNI-HOTOTOKISU-KOKORANOTOSHIO-AKASUMOARUKANA
ローマ字読み
小文字
metsurashiki-koenaranakuni-hototokisu-kokoranotoshio-akasumoarukana
巻数巻七巻|賀
タイトルとURLをコピーしました