古今和歌集360番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集360番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集360番について

歌番号360
詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた
作者|歌人そせい法し
和歌住の江の松を秋風吹くからにこゑうちそふるおきつ白浪
読み仮名
ふりがな
すみのえの-まつをあきかせ-ふくからに-こゑうちそふる-おきつしらなみ
分割すみのえの
まつをあきかせ
ふくからに
こゑうちそふる
おきつしらなみ
ローマ字読み
大文字
SUMINOENO-MATSUOAKIKASE-FUKUKARANI-KOEUCHISOFURU-OKITSUSHIRANAMI
ローマ字読み
小文字
suminoeno-matsuoakikase-fukukarani-koeuchisofuru-okitsushiranami
巻数巻七巻|賀
タイトルとURLをコピーしました