古今和歌集361番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集361番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集361番について

歌番号361
詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた
作者|歌人そせい法し
和歌千鳥なくさほの河きりたちぬらし山のこのはも色まさりゆく
読み仮名
ふりがな
ちとりなく-さほのかはきり-たちぬらし-やまのこのはも-いろまさりゆく
分割ちとりなく
さほのかはきり
たちぬらし
やまのこのはも
いろまさりゆく
ローマ字読み
大文字
CHITORINAKU-SAHONOKAHAKIRI-TACHINURASHI-YAMANOKONOHAMO-IROMASARIYUKU
ローマ字読み
小文字
chitorinaku-sahonokahakiri-tachinurashi-yamanokonohamo-iromasariyuku
巻数巻七巻|賀
タイトルとURLをコピーしました