古今和歌集397番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集397番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集397番について

歌番号397
詞書かむなりのつほにめしたりける日、おほみきなとたうへてあめのいたくふりけれはゆふさりまて侍りてまかりいてけるをりに、さかつきをとりて
作者|歌人つらゆき
和歌秋はきの花をは雨にぬらせとも君をはましてをしとこそおもへ
読み仮名
ふりがな
あきはきの-はなをはあめに-ぬらせとも-きみをはまして-をしとこそおもへ
分割あきはきの
はなをはあめに
ぬらせとも
きみをはまして
をしとこそおもへ
ローマ字読み
大文字
AKIHAKINO-HANAOHAAMENI-NURASETOMO-KIMIOHAMASHITE-OSHITOKOSOMOHE
ローマ字読み
小文字
akihakino-hanaohaameni-nurasetomo-kimiohamashite-oshitokosomohe
巻数巻八巻|離別
タイトルとURLをコピーしました