古今和歌集417番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集417番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集417番について

歌番号417
詞書たしまのくにのゆへまかりける時に、ふたみのうらといふ所にとまりてゆふさりのかれいひたうへけるに、ともにありける人人のうたよみけるついてによめる
作者|歌人ふちはらのかねすけ
和歌ゆふつくよおほつかなきを玉匣ふたみの浦は曙てこそ見め
読み仮名
ふりがな
ゆふつくよ-おほつかなきを-たまくしけ-ふたみのうらは-あけてこそみめ
分割ゆふつくよ
おほつかなきを
たまくしけ
ふたみのうらは
あけてこそみめ
ローマ字読み
大文字
YUFUTSUKUYO-OHOTSUKANAKIO-TAMAKUSHIKE-FUTAMINORAHA-AKETEKOSOMIME
ローマ字読み
小文字
yufutsukuyo-ohotsukanakio-tamakushike-futaminoraha-aketekosomime
巻数巻九巻|羈旅
タイトルとURLをコピーしました