古今和歌集418番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集418番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集418番について

歌番号418
詞書これたかのみこのともにかりにまかりける時に、あまの河といふ所の河のほとりにおりゐてさけなとのみけるついてに、みこのいひけらく、かりしてあまのかはらにいたるといふ心をよみてさかつきはさせといひけれはよめる
作者|歌人在原なりひらの朝臣
和歌かりくらしたなはたつめにやとからむあまのかはらに我はきにけり
読み仮名
ふりがな
かりくらし-たなはたつめに-やとからむ-あまのかはらに-われはきにけり
分割かりくらし
たなはたつめに
やとからむ
あまのかはらに
われはきにけり
ローマ字読み
大文字
KARIKURASHI-TANAHATATSUMENI-YATOKARAMU-AMANOKAHARANI-WAREHAKINIKERI
ローマ字読み
小文字
karikurashi-tanahatatsumeni-yatokaramu-amanokaharani-warehakinikeri
巻数巻九巻|羈旅
タイトルとURLをコピーしました