古今和歌集572番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集572番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集572番について

歌番号572
詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた
作者|歌人紀つらゆき
和歌君こふる涙しなくは唐衣むねのあたりは色もえなまし
読み仮名
ふりがな
きみこふる-なみたしなくは-からころも-むねのあたりは-いろもえなまし
分割きみこふる
なみたしなくは
からころも
むねのあたりは
いろもえなまし
ローマ字読み
大文字
KIMIKOFURU-NAMITASHINAKUHA-KARAKOROMO-MUNENOATARIHA-IROMOENAMASHI
ローマ字読み
小文字
kimikofuru-namitashinakuha-karakoromo-munenoatariha-iromoenamashi
巻数巻十二巻|恋二
タイトルとURLをコピーしました