古今和歌集632番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集632番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集632番について

歌番号632
詞書ひむかしの五条わたりに人をしりおきてまかりかよひけり、しのひなる所なりけれはかとよりしもえいらてかきのくつれよりかよひけるを、たひかさなりけれはあるしききつけてかのみちに夜ことに人をふせてまもらすれは、いきけれとえあはてのみかへりてよみてやりける
作者|歌人なりひらの朝臣
和歌ひとしれぬわかかよひちの関守はよひよひことにうちもねななむ
読み仮名
ふりがな
ひとしれぬ-わかかよひちの-せきもりは-よひよひことに-うちもねななむ
分割ひとしれぬ
わかかよひちの
せきもりは
よひよひことに
うちもねななむ
ローマ字読み
大文字
HITOSHIRENU-WAKAKAYOHICHINO-SEKIMORIHA-YOHIYOHIKOTONI-UCHIMONENANAMU
ローマ字読み
小文字
hitoshirenu-wakakayohichino-sekimoriha-yohiyohikotoni-uchimonenanamu
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました