古今和歌集667番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集667番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集667番について

歌番号667
詞書題しらす
作者|歌人とものり
和歌したにのみこふれはくるし玉のをのたえてみたれむ人なとかめそ
読み仮名
ふりがな
したにのみ-こふれはくるし-たまのをの-たえてみたれむ-ひとなとかめそ
分割したにのみ
こふれはくるし
たまのをの
たえてみたれむ
ひとなとかめそ
ローマ字読み
大文字
SHITANINOMI-KOFUREHAKURUSHI-TAMANONO-TAETEMITAREMU-HITONATOKAMESO
ローマ字読み
小文字
shitaninomi-kofurehakurushi-tamanono-taetemitaremu-hitonatokameso
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました