古今和歌集671番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集671番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集671番について

歌番号671
詞書題しらす
このうたは、ある人のいはく、かきのもとの人まろかなり
作者|歌人よみ人しらす(一説、かきのもとの人まろ)
和歌風ふけは浪打つ岸の松なれやねにあらはれてなきぬへらなり
読み仮名
ふりがな
かせふけは-なみうつきしの-まつなれや-ねにあらはれて-なきぬへらなり
分割かせふけは
なみうつきしの
まつなれや
ねにあらはれて
なきぬへらなり
ローマ字読み
大文字
KASEFUKEHA-NAMIUTSUKISHINO-MATSUNAREYA-NENIARAHARETE-NAKINUHERANARI
ローマ字読み
小文字
kasefukeha-namiutsukishino-matsunareya-neniaraharete-nakinuheranari
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました