古今和歌集830番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集830番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集830番について

歌番号830
詞書さきのおほきおほいまうちきみをしらかはのあたりにおくりける夜よめる
作者|歌人そせい法し
和歌ちの涙おちてそたきつ白河は君か世まての名にこそ有りけれ
読み仮名
ふりがな
ちのなみた-おちてそたきつ-しらかはは-きみかよまての-なにこそありけれ
分割ちのなみた
おちてそたきつ
しらかはは
きみかよまての
なにこそありけれ
ローマ字読み
大文字
CHINONAMITA-OCHITESOTAKITSU-SHIRAKAHAHA-KIMIKAYOMATENO-NANIKOSOARIKERE
ローマ字読み
小文字
chinonamita-ochitesotakitsu-shirakahaha-kimikayomateno-nanikosoarikere
巻数巻十六巻|哀傷
タイトルとURLをコピーしました