古今和歌集853番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集853番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集853番について

歌番号853
詞書藤原のとしもとの朝臣の右近中将にてすみ侍りけるさうしの身まかりてのち人もすますなりにけるを、秋の夜ふけてものよりまうてきけるついてに見いれけれは、もとありしせんさいもいとしけくあれたりけるを見て、はやくそこに侍りけれはむかしを思ひやりてよみける
作者|歌人みはるのありすけ
和歌きみかうゑしひとむらすすき虫のねのしけきのへともなりにけるかな
読み仮名
ふりがな
きみかうゑし-ひとむらすすき-むしのねの-しけきのへとも-なりにけるかな
分割きみかうゑし
ひとむらすすき
むしのねの
しけきのへとも
なりにけるかな
ローマ字読み
大文字
KIMIKAUESHI-HITOMURASUSUKI-MUSHINONENO-SHIKEKINOHETOMO-NARINIKERUKANA
ローマ字読み
小文字
kimikaueshi-hitomurasusuki-mushinoneno-shikekinohetomo-narinikerukana
巻数巻十六巻|哀傷
タイトルとURLをコピーしました