古今和歌集850番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集850番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集850番について

歌番号850
詞書さくらをうゑてありけるに、やうやく花さきぬへき時にかのうゑける人身まかりにけれは、その花を見てよめる
作者|歌人きのもちゆき
和歌花よりも人こそあたになりにけれいつれをさきにこひむとか見し
読み仮名
ふりがな
はなよりも-ひとこそあたに-なりにけれ-いつれをさきに-こひむとかみし
分割はなよりも
ひとこそあたに
なりにけれ
いつれをさきに
こひむとかみし
ローマ字読み
大文字
HANAYORIMO-HITOKOSOATANI-NARINIKERE-ITSUREOSAKINI-KOHIMUTOKAMISHI
ローマ字読み
小文字
hanayorimo-hitokosoatani-narinikere-itsureosakini-kohimutokamishi
巻数巻十六巻|哀傷
タイトルとURLをコピーしました