古今和歌集269番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集269番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集269番について

歌番号269
詞書寛平御時きくの花をよませたまうける
この歌は、また殿上ゆるされさりける時にめしあけられてつかうまつれるとなむ
作者|歌人としゆきの朝臣
和歌久方の雲のうへにて見る菊はあまつほしとそあやまたれける
読み仮名
ふりがな
ひさかたの-くものうへにて-みるきくは-あまつほしとそ-あやまたれける
分割ひさかたの
くものうへにて
みるきくは
あまつほしとそ
あやまたれける
ローマ字読み
大文字
HISAKATANO-KUMONOHENITE-MIRUKIKUHA-AMATSUHOSHITOSO-AYAMATAREKERU
ローマ字読み
小文字
hisakatano-kumonohenite-mirukikuha-amatsuhoshitoso-ayamatarekeru
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました