古今和歌集297番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集297番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集297番について

歌番号297
詞書北山に紅葉をらむとてまかれりける時によめる
作者|歌人つらゆき
和歌見る人もなくてちりぬるおく山の紅葉はよるのにしきなりけり
読み仮名
ふりがな
みるひとも-なくてちりぬる-おくやまの-もみちはよるの-にしきなりけり
分割みるひとも
なくてちりぬる
おくやまの
もみちはよるの
にしきなりけり
ローマ字読み
大文字
MIRUHITOMO-NAKUTECHIRINURU-OKUYAMANO-MOMICHIHAYORUNO-NISHIKINARIKERI
ローマ字読み
小文字
miruhitomo-nakutechirinuru-okuyamano-momichihayoruno-nishikinarikeri
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました