古今和歌集395番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集395番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集395番について

歌番号395
詞書うりむゐんのみこの舎利会に山にのはりてかへりけるに、さくらの花のもとにてよめる
作者|歌人幽仙法師
和歌ことならは君とまるへくにほはなむかへすは花のうきにやはあらぬ
読み仮名
ふりがな
ことならは-きみとまるへく-にほはなむ-かへすははなの-うきにやはあらぬ
分割ことならは
きみとまるへく
にほはなむ
かへすははなの
うきにやはあらぬ
ローマ字読み
大文字
KOTONARAHA-KIMITOMARUHEKU-NIHOHANAMU-KAHESUHAHANANO-UKINIYAHAARANU
ローマ字読み
小文字
kotonaraha-kimitomaruheku-nihohanamu-kahesuhahanano-ukiniyahaaranu
巻数巻八巻|離別
タイトルとURLをコピーしました