古今和歌集412番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集412番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集412番について

歌番号412
詞書題しらす
このうたは、ある人、をとこ女もろともに人のくにへまかりけり、をとこまかりいたりてすなはち身まかりにけれは、女ひとり京へかへりけるみちにかへるかりのなきけるをききてよめるとなむいふ
作者|歌人よみ人しらす
和歌北へ行くかりそなくなるつれてこしかすはたらてそかへるへらなる
読み仮名
ふりがな
きたへゆく-かりそなくなる-つれてこし-かすはたらてそ-かへるへらなる
分割きたへゆく
かりそなくなる
つれてこし
かすはたらてそ
かへるへらなる
ローマ字読み
大文字
KITAHEYUKU-KARISONAKUNARU-TSURETEKOSHI-KASUHATARATESO-KAHERUHERANARU
ローマ字読み
小文字
kitaheyuku-karisonakunaru-tsuretekoshi-kasuhatarateso-kaheruheranaru
巻数巻九巻|羈旅
タイトルとURLをコピーしました