古今和歌集618番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集618番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集618番について

歌番号618
詞書かの女にかはりて返しによめる
作者|歌人なりひらの朝臣
和歌あさみこそ袖はひつらめ涙河身さへ流るときかはたのまむ
読み仮名
ふりがな
あさみこそ-そてはひつらめ-なみたかは-みさへなかると-きかはたのまむ
分割あさみこそ
そてはひつらめ
なみたかは
みさへなかると
きかはたのまむ
ローマ字読み
大文字
ASAMIKOSO-SOTEHAHITSURAME-NAMITAKAHA-MISAHENAKARUTO-KIKAHATANOMAMU
ローマ字読み
小文字
asamikoso-sotehahitsurame-namitakaha-misahenakaruto-kikahatanomamu
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました