古今和歌集645番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集645番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集645番について

歌番号645
詞書業平朝臣の伊勢のくににまかりたりける時、斉宮なりける人にいとみそかにあひて又のあしたに人やるすへなくて思ひをりけるあひたに、女のもとよりおこせたりける
作者|歌人よみ人しらす
和歌きみやこし我や行きけむおもほえす夢かうつつかねてかさめてか
読み仮名
ふりがな
きみやこし-われやゆきけむ-おもほえす-ゆめかうつつか-ねてかさめてか
分割きみやこし
われやゆきけむ
おもほえす
ゆめかうつつか
ねてかさめてか
ローマ字読み
大文字
KIMIYAKOSHI-WAREYAYUKIKEMU-OMOHOESU-YUMEKAUTSUTSUKA-NETEKASAMETEKA
ローマ字読み
小文字
kimiyakoshi-wareyayukikemu-omohoesu-yumekautsutsuka-netekasameteka
巻数巻十三巻|恋三
タイトルとURLをコピーしました