古今和歌集884番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集884番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集884番について

歌番号884
詞書これたかのみこのかりしけるともにまかりて、やとりにかへりて夜ひとよさけをのみ物かたりをしけるに、十一日の月もかくれなむとしけるをりに、みこ、ゑひてうちへいりなむとしけれはよみ侍りける
作者|歌人なりひらの朝臣
和歌あかなくにまたきも月のかくるるか山のはにけていれすもあらなむ
読み仮名
ふりがな
あかなくに-またきもつきの-かくるるか-やまのはにけて-いれすもあらなむ
分割あかなくに
またきもつきの
かくるるか
やまのはにけて
いれすもあらなむ
ローマ字読み
大文字
AKANAKUNI-MATAKIMOTSUKINO-KAKURURUKA-YAMANOHANIKETE-IRESUMOARANAMU
ローマ字読み
小文字
akanakuni-matakimotsukino-kakururuka-yamanohanikete-iresumoaranamu
巻数巻十七巻|雑上
タイトルとURLをコピーしました