古今和歌集978番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集978番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集978番について

歌番号978
詞書むねをかのおほよりかこしよりまうてきたりける時に、雪のふりけるを見ておのかおもひはこのゆきのことくなむつもれるといひけるをりによめる
作者|歌人みつね
和歌君か思ひ雪とつもらはたのまれす春よりのちはあらしとおもへは
読み仮名
ふりがな
きみかおもひ-ゆきとつもらは-たのまれす-はるよりのちは-あらしとおもへは
分割きみかおもひ
ゆきとつもらは
たのまれす
はるよりのちは
あらしとおもへは
ローマ字読み
大文字
KIMIKAOMOHI-YUKITOTSUMORAHA-TANOMARESU-HARUYORINOCHIHA-ARASHITOMOHEHA
ローマ字読み
小文字
kimikaomohi-yukitotsumoraha-tanomaresu-haruyorinochiha-arashitomoheha
巻数巻十八巻|雑下
タイトルとURLをコピーしました