古今和歌集273番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集273番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集273番について

歌番号273
詞書仙宮に菊をわけて人のいたれるかたをよめる
作者|歌人素性法師
和歌ぬれてほす山ちの菊のつゆのまにいつかちとせを我はへにけむ
読み仮名
ふりがな
ぬれてほす-やまちのきくの-つゆのまに-いつかちとせを-われはへにけむ
分割ぬれてほす
やまちのきくの
つゆのまに
いつかちとせを
われはへにけむ
ローマ字読み
大文字
NURETEHOSU-YAMACHINOKIKUNO-TSUYUNOMANI-ITSUKACHITOSEO-WAREHAHENIKEMU
ローマ字読み
小文字
nuretehosu-yamachinokikuno-tsuyunomani-itsukachitoseo-warehahenikemu
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました