古今和歌集294番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集294番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集294番について

歌番号294
詞書二条の后の春宮のみやす所と申しける時に、御屏風にたつた河にもみちなかれたるかたをかけりけるを題にてよめる
作者|歌人なりひらの朝臣
和歌ちはやふる神世もきかす竜田河唐紅に水くくるとは
読み仮名
ふりがな
ちはやふる-かみよもきかす-たつたかは-からくれなゐに-みつくくるとは
分割ちはやふる
かみよもきかす
たつたかは
からくれなゐに
みつくくるとは
ローマ字読み
大文字
CHIHAYAFURU-KAMIYOMOKIKASU-TATSUTAKAHA-KARAKURENAINI-MITSUKUKURUTOHA
ローマ字読み
小文字
chihayafuru-kamiyomokikasu-tatsutakaha-karakurenaini-mitsukukurutoha
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました