古今和歌集305番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集305番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。

古今和歌集305番について

歌番号305
詞書亭子院の御屏風のゑに、河わたらむとする人のもみちのちる木のもとにむまをひかへてたてるをよませたまひけれは、つかうまつりける
作者|歌人みつね
和歌立ちとまり見てをわたらむもみちはは雨とふるとも水はまさらし
読み仮名
ふりがな
たちとまり-みてをわたらむ-もみちはは-あめとふるとも-みつはまさらし
分割たちとまり
みてをわたらむ
もみちはは
あめとふるとも
みつはまさらし
ローマ字読み
大文字
TACHITOMARI-MITEOWATARAMU-MOMICHIHAHA-AMETOFURUTOMO-MITSUHAMASARASHI
ローマ字読み
小文字
tachitomari-miteowataramu-momichihaha-ametofurutomo-mitsuhamasarashi
巻数巻五巻|秋下
タイトルとURLをコピーしました