古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集275番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集275番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集275番について歌番号275詞書おほさはの池のかたにきくうゑたるをよめる作者|歌人とものり和歌ひともとと思ひしきくをおほさはの池のそこにもたれかうゑけむ読み仮名ふりがなひと...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集291番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集291番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集291番について歌番号291詞書題しらす作者|歌人せきを和歌霜のたてつゆのぬきこそよわからし山の錦のおれはかつちる読み仮名ふりがなしものたて-つゆのぬきこそ-よわからし-や...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集307番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集307番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集307番について歌番号307詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌ほにもいてぬ山田をもると藤衣いなはのつゆにぬれぬ日そなき読み仮名ふりがなほにもいてぬ-やまたをもると-ふち...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集260番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集260番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集260番について歌番号260詞書もる山のほとりにてよめる作者|歌人つらゆき和歌しらつゆも時雨もいたくもる山はしたはのこらす色つきにけり読み仮名ふりがなしらつゆも-しくれもい...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集276番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集276番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集276番について歌番号276詞書世中のはかなきことを思ひけるをりにきくの花を見てよみける作者|歌人つらゆき和歌秋の菊にほふかきりはかさしてむ花よりさきとしらぬわか身を読み仮...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集292番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集292番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集292番について歌番号292詞書うりむゐんの木のかけにたたすみてよみける作者|歌人僧正へんせう和歌わひ人のわきてたちよるこの本はたのむかけなくもみちちりけり読み仮名ふりがな...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集308番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集308番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集308番について歌番号308詞書題しらす作者|歌人よみ人しらす和歌かれる田におふるひつちのほにいてぬは世を今更に秋はてぬとか読み仮名ふりがなかれるたに-おふるひつちの-ほに...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集261番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集261番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集261番について歌番号261詞書秋のうたとてよめる作者|歌人在原元方和歌雨ふれとつゆももらしをかさとりの山はいかてかもみちそめけむ読み仮名ふりがなあめふれと-つゆももらしを...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集277番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集277番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集277番について歌番号277詞書しらきくの花をよめる作者|歌人凡河内みつね和歌心あてにをらはやをらむはつしものおきまとはせる白菊の花読み仮名ふりがなこころあてに-をらはやを...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集293番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集293番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集293番について歌番号293詞書二条の后の春宮のみやす所と申しける時に、御屏風にたつた河にもみちなかれたるかたをかけりけるを題にてよめる作者|歌人そせい和歌もみちはのなかれ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集309番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集309番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集309番について歌番号309詞書北山に僧正へんせうとたけかりにまかれりけるによめる作者|歌人そせい法し和歌もみちはは袖にこきいれてもていてなむ秋は限と見む人のため読み仮名ふ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集262番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集262番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集262番について歌番号262詞書神のやしろのあたりをまかりける時にいかきのうちのもみちを見てよめる作者|歌人つらゆき和歌ちはやふる神のいかきにはふくすも秋にはあへすうつろひ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集278番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集278番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集278番について歌番号278詞書これさたのみこの家の歌合のうた作者|歌人よみ人しらす和歌いろかはる秋のきくをはひととせにふたたひにほふ花とこそ見れ読み仮名ふりがないろかはる...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集294番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集294番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集294番について歌番号294詞書二条の后の春宮のみやす所と申しける時に、御屏風にたつた河にもみちなかれたるかたをかけりけるを題にてよめる作者|歌人なりひらの朝臣和歌ちはやふ...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集310番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集310番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集310番について歌番号310詞書寛平御時ふるきうたたてまつれとおほせられけれは、たつた河もみちはなかるといふ歌をかきて、そのおなし心をよめりける作者|歌人おきかせ和歌み山よ...
タイトルとURLをコピーしました