そせい法し

古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集799番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集799番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集799番について歌番号799詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌思ふともかれなむ人をいかかせむあかすちりぬる花とこそ見め読み仮名ふりがなおもふとも-かれなむひとを-いかかせ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集802番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集802番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集802番について歌番号802詞書寛平御時御屏風に歌かかせ給ひける時、よみてかきける作者|歌人そせい法し和歌忘草なにをかたねと思ひしはつれなき人の心なりけり読み仮名ふりがなわ...
古今和歌集|巻十五巻|恋五

古今和歌集803番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集803番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集803番について歌番号803詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌秋の田のいねてふ事もかけなくに何をうしとか人のかるらむ読み仮名ふりがなあきのたの-いねてふことも-かけなくに...
古今和歌集|巻十六巻|哀傷

古今和歌集830番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集830番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集830番について歌番号830詞書さきのおほきおほいまうちきみをしらかはのあたりにおくりける夜よめる作者|歌人そせい法し和歌ちの涙おちてそたきつ白河は君か世まての名にこそ有り...
古今和歌集|巻十四巻|恋四

古今和歌集722番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集722番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集722番について歌番号722詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌そこひなきふちやはさわく山河のあさきせにこそあたなみはたて読み仮名ふりがなそこひなき-ふちやはさわく-やまか...
古今和歌集|巻十二巻|恋二

古今和歌集575番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集575番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集575番について歌番号575詞書題しらす作者|歌人そせい法し和歌はかなくて夢にも人を見つる夜は朝のとこそおきうかりける読み仮名ふりがなはかなくて-ゆめにもひとを-みつるよは...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集363番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集363番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集363番について歌番号363詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた冬作者|歌人そせい法し和歌白雪のふりしく時は...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集353番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集353番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集353番について歌番号353詞書もとやすのみこの七十の賀のうしろの屏風によみてかきける作者|歌人そせい法し和歌いにしへにありきあらすはしらねともちとせのためし君にはしめむ読...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集354番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集354番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集354番について歌番号354詞書もとやすのみこの七十の賀のうしろの屏風によみてかきける作者|歌人そせい法し和歌ふしておもひおきてかそふるよろつよは神そしるらむわかきみのため...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集356番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集356番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集356番について歌番号356詞書よしみねのつねなりかよそちの賀にむすめにかはりてよみ侍りける作者|歌人そせい法し和歌よろつ世を松にそ君をいはひつるちとせのかけにすまむと思へ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集357番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集357番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集357番について歌番号357詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた作者|歌人そせい法し和歌かすかのにわかなつみ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集358番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集358番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集358番について歌番号358詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた作者|歌人そせい法し和歌山たかみくもゐに見ゆ...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集359番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集359番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集359番について歌番号359詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた夏作者|歌人そせい法し和歌めつらしきこゑなら...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集360番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集360番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集360番について歌番号360詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた秋作者|歌人そせい法し和歌住の江の松を秋風吹...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集361番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集361番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集361番について歌番号361詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた秋作者|歌人そせい法し和歌千鳥なくさほの河き...
古今和歌集|巻七巻|賀

古今和歌集362番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集362番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集362番について歌番号362詞書内侍のかみの右大将ふちはらの朝臣の四十賀しける時に、四季のゑかけるうしろの屏風にかきたりけるうた秋作者|歌人そせい法し和歌秋くれと色もかはら...
古今和歌集|巻五巻|秋下

古今和歌集309番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集309番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集309番について歌番号309詞書北山に僧正へんせうとたけかりにまかれりけるによめる作者|歌人そせい法し和歌もみちはは袖にこきいれてもていてなむ秋は限と見む人のため読み仮名ふ...
古今和歌集|巻二巻|春下

古今和歌集76番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集76番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集76番について歌番号76詞書さくらの花のちり侍りけるを見てよみける作者|歌人そせい法し和歌花ちらす風のやとりはたれかしる我にをしへよ行きてうらみむ読み仮名ふりがなはなちらす-...
古今和歌集|巻二巻|春下

古今和歌集92番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集92番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集92番について歌番号92詞書寛平御時きさいの宮の歌合のうた作者|歌人そせい法し和歌はなの木も今はほりうゑし春たてはうつろふ色に人ならひけり読み仮名ふりがなはなのきも-いまはほ...
古今和歌集|巻一巻|春上

古今和歌集55番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集55番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集55番について歌番号55詞書山のさくらを見てよめる作者|歌人そせい法し和歌見てのみや人にかたらむさくら花てことにをりていへつとにせむ読み仮名ふりがなみてのみや-ひとにかたらむ...
古今和歌集|巻一巻|春上

古今和歌集56番|作者|原文|読み|分類

古今和歌集56番の作者、原文、読み、分類に関するまとめ。古今和歌集56番について歌番号56詞書花さかりに京を見やりてよめる作者|歌人そせい法し和歌みわたせは柳桜をこきませて宮こそ春の錦なりける読み仮名ふりがなみわたせは-やなきさくらを-こき...
タイトルとURLをコピーしました